動画制作で高い広告効果を得る!専門会社に依頼する利点

デジタルサイネージの広告効果

デジタルサイネージとは、液晶ディスプレイやLEDディスプレイを使った電子看板のことを指します。デジタルサイネージが紙媒体の看板や広告よりも優れている点は、動きがあるという点です。定期的に表示する文字や映像を変えたり、動画を流すことも可能です。

デジタルサイネージを利用するメリットTOP5

no.1

対象を絞って広告を流せる

デジタルサイネージはテレビのように不特定多数の人に対して広く広告を見せることはできませんが、反対に場所を選ぶことで、見せたい対象にのみ広告を流すことが可能です。設置場所に集まる人の年齢層や傾向をリサーチして、効果的な宣伝が行なえるのです。

no.2

内容をタイムリーに変更できる

デジタルサイネージは、時間やタイミングを選ばすに表示内容を自在に変更できるため、リアルタイムの情報をすぐさま流すことができます。天気や交通情報、試合の結果やタイムセールなど、デジタルサイネージを自由自在に活用しましょう。

no.3

動画で情報配信ができる

静止画を配信することもできますが、動画などの動く映像も配信可能です。人は止まっているものよりも動いているものに目を取られやすいので、動画で情報を配信すると高い広告効果を得ることができるでしょう。内容の凝った動画を作れば、話題となってより大きな広告効果が期待できます。

no.4

手軽に広告を配信できる

紙広告や看板だと取り替える際に手間と時間がかかりますが、デジタルサイネージならパソコン一つで簡単に広告内容を変更できます。また、現地まで足を運ばずとも遠方から操作できるので、業務効率の向上やコスト削減にも繋がるでしょう。

no.5

運用コストが節約できる

紙広告を利用した場合、印刷代や張り替える際の人件費や交通費、広告掲載料など様々な費用が必要となります。しかし、デジタルサイネージは一度設置してしまえば、どんなに頻繁に広告内容を変更したとしてもパソコン操作だけで済むため、コスト削減に大きく役立つでしょう。

動画制作で高い広告効果を得る!専門会社に依頼する利点

マウス

動画制作はスキルと経験が大切

動画制作には、アングル構成やライティング技術など様々なスキルが必要となります。また、映像撮影技術はもちろんですが、広告やプロモーションとして動画を利用するなら、企業の経営方針やコンセプトを汲んだストーリー作りが必要となります。効果的な広告やプロモーションを制作するには、長年培ったノウハウや経験が重要となるため、自社内で動画制作が難しければ専門会社に依頼するといいでしょう。

大阪の映像制作会社が行っているサービス

映像制作会社では、テレビCMやアニメーションといったものからインターネット上に掲載する動画まで、様々な作品の制作を依頼できます。また、展示会で流すプロモーション映像や企業の会社紹介など、顧客の希望にあった作品を制作してもらえるので、まずはどのような作品を作って欲しいのか相談しましょう。コンサルティングも行っている会社であれば、より効果的な映像の活用方法なども提案してもらえます。

動画制作会社を選ぶ際に重視するポイント3選

今までの実績を参考にする

動画制作会社の実力を測るには、今まで制作した作品を直接確認する方法が一番です。作品の内容を見ることはもちろんですが、その映像作品がどのような効果をもたらしているか、顧客にはどのような企業がついているのかといった点に注目してみましょう。

企画力や構成力にも注視

映像作品は美しかったり、面白ければいいというものではありません。企業のCMである場合には、如何に見た人の印象に残り、購買意欲の向上につなげることができるかといった点が重要となります。企画力や構成力にも注目して製作会社を選びましょう。

見積もりの内容を確認

動画制作会社の中には、制作が進む中でオプション料金が加算されることもあります。制作前に見積もりを出してもらう場合は、必ずトータル費用を算出してもらいましょう。また、オプション料金が発生する可能性があるか否か、きちんと確認しておくことが大切です。

動画制作は専門業者に頼もう

動画制作の専門業者!

広告募集中